医療法人社団 宏仁会 平岡皮膚科スキンケアクリニック

札幌市清田区の平岡皮膚科スキンケアクリニック|皮膚科・美容皮膚科・アレルギー科・在宅診療
平岡皮膚科スキンケアクリニック オンライン予約
平岡皮膚科スキンケアクリニック お電話でのご予約


一般皮膚科
陥入爪/巻き爪

爪の両端がその周囲の皮膚に食い込んで、炎症を起こして腫れて赤くなり、痛みを伴うようになる病気です。ときには、爪の先端が食い込んだ部分を中心に、出血しやすい肉芽をつくることもあります。陥入爪(かんにゅうそう)と言い、足の親趾に起きやすい病気ですが、他の趾にも生じることがあります。よく巻き爪と言って受診されますが、巻き爪は別の病気で、陥入爪と巻き爪が合併することもあります。陥入爪は爪の先端が皮膚の先端よりも長ければ決して起きない病気です。陥入爪の原因は爪の切り方が不適切なために起こります。要するに爪の先端を短く切るのが原因です。ときには、とげを作っていることもあります。陥入爪になると多くの人は、痛みを和らげるために、爪の先端をさらに短く切るという行為を行いますが、更に重症化します。軽症の場合には爪の先端の下にコットンやチューブを詰める方法で軽快することもあります。爪の彎曲を改善して治療する方法も行われていますが、治療は困難です。陥入爪の治療として、爪の端が生えないようにする手術やフェノール法は世界的に行われている方法ですが、術後年数を経過すると醜悪な形態の爪となり、その上多くの障害を起こしますので、行わないのが良いと考えています。爪甲の側縁を短く切る方法も行われていますが、一時的に症状を和らげるだけで、爪甲が少し伸びてくると再発し、更に重症化します。爪の彎曲を矯正して治癒に導こうとする方法もよく行われていますが、爪が短くなった症例ではあまり効果がありません。

巻き爪リフトとは

標準的な装着ケース

よくある質問 Q&A

Q1:深爪でも着けられますか?

爪先の趾から浮いている白い部分が短すぎると、爪にかけたクリップが食い込んで痛む恐れがあります。巻き爪リフトを装着するには白い部分を2.5mm程度にすることをお勧めしておりますが、爪の両端に1mm程度の長さがあれば、逆さま(ワイヤーが爪の上に来る)に装着することも可能です。

Q2:着けた時に痛みはありますか?

巻いた爪をワイヤーで持ち上げて矯正する性質上、矯正力が強すぎて爪が剥がれるような感覚や痛みを感じる場合がまれにあります。翌日以降に解消されるケースもありますので、着けたまま様子をみて頂くのがよいかと思いますが、我慢できない程でしたら無理せず外してください。

Q3:金属アレルギーが心配なのですが?

爪にかけるクリップは安全性の高い医療用ステンレス製です。ワイヤー自体は金属ですが、樹脂チューブで覆われているため皮膚に触れることはありません。

Q4:どのくらいで効果が現れますか?

装着直後に持ち上がります。そこから湾曲したワイヤーが長時間かけてまっすぐに戻ろうとする力が加わり続け、1~2週間で矯正が完了します。

Q5:どのくらい着けていればいいですか?

矯正が完了するまでには1~2週間かかりますが、巻爪は高い確率で再発します。いつ再発するのかは個人差があり、巻き爪リフトを外して3ヵ月で再発する方もいれば、1年たっても再発しない方もいます。再発までの期間を稼ぐという意味で、生活に支障が出ない限り長く装着しておくことをお勧めしています。約1~2ヵ月が目安となります。

Q6:ジェルネイルなどのネイルアートをしてもいいですか?

巻き爪リフトを装着した上からネイルアートを施すことが出来ます。
ACCESS -ご案内-
診療案内
9:00~12:30  
14:30~18:00      
~19:00          
※お昼休み時間12:30~14:30
※水・土曜日:9:00~12:30
※月・木曜日:18:00まで
※火・金曜日:19:00まで
※休診日:日・祝祭日

オンライン予約
TEL 011-889-1123
医療法人社団 宏仁会
平岡皮膚科スキンケアクリニック

北海道札幌市清田区 平岡6条2丁目2番10号 平岡メディカルセンター
平岡皮膚科スキンケアクリニック:アクセスマップ

HOME

PAGE TOP