医療法人社団 宏仁会 平岡皮膚科スキンケアクリニック

札幌市清田区の平岡皮膚科スキンケアクリニック|皮膚科・美容皮膚科・アレルギー科・在宅診療
平岡皮膚科スキンケアクリニック オンライン予約
平岡皮膚科スキンケアクリニック お電話でのご予約


一般皮膚科
食物アレルギー

定 義

食物アレルギーとは、「食物によって引き起こされる抗原特異的な免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状が惹起される現象」をいいます。

臨床型分類

新生児・乳児消化管アレルギー

主に非IgE依存性(細胞依存性)の機序により新生児・乳児に嘔吐や血便、下痢な どの消化器症状で発症します。

食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎

乳児アトピー性皮膚炎に合併して認められる食物アレルギーです。食物に対するIgE抗体の感作があり、食物が湿疹の増悪に関与している場合です。しばしば、原因食物の摂取によって即時型症状を誘発することもあります。ただし、すべての乳児アトピー性皮膚炎に食物が関与しているわけでありません。

即時型症状

食物アレルギーの最も典型的なタイプです。原因食物摂取後、通常2時間以内にアレルギー反応による症状を示すことが多いです。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー
(Food-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis, FDEIA)

原因食物を摂取後に運動することによってアナフィラキシーが誘発される病型です。原因食物摂取から2時間以内に誘発されることが多いです。感冒、睡眠不足や疲労などのストレス、生理前、非ステロイド性抗炎症薬(鎮痛剤)、アルコールや入浴なども発症の誘発因子となります。原因食物を摂取した場合は食後最低2時間(可能なら4時間)は運動を避ける必要があります。

口腔アレルギー症候群
(Oral Allergy Syndrome, OAS)

口唇・口腔・咽頭粘膜におけるIgE抗体を介した即時型アレルギー症状を呈する病型です。食物摂取直後から始まり、口唇・口腔・咽頭のかゆみ、イガイガ、血管浮腫などを来します。花粉-食物アレルギー症候群では生の果物や野菜の摂取によるOASを来すことが多いです。

その他の特殊な病態
―交差抗原性に基づく食物アレルギーの病態

花粉-食物アレルギー症候群
(Pollen Food Allergy Syndrome, PFAS)

花粉アレルギーでは果物や野菜に含まれるアレルゲンと交差反応し、食物アレルギー症状を呈する場合があります。主にIgE抗体を介した口腔粘膜に限局する即時型アレルギー症状を呈しますが、稀に全身症状を認めます。カバノキ科(ハンノキ・シラカンバ)花粉はバラ科果物(リンゴ、モモ、サクランボなど)・マメ科(大豆・ピーナッツ)、イネ科とキク科(ブタクサ)花粉はウリ科果物(メロン、スイカなど)、キク科(ヨモギ)花粉はセリ科野菜(セロリ、ニンジンなど)と交差反応しやすいです。

ラテックス-フルーツ症候群

ラテックスアレルギーでは果物や野菜に含まれるアレルゲンと交差反応し、アナフィラキシーを含む即時型症状やOASを呈する場合があります。リスクの高い食品としてアボカド、クリ、バナナ、キウイフルーツがあります。

検 査

ACCESS -ご案内-

診療時間

医療法人社団 宏仁会
平岡皮膚科スキンケアクリニック

北海道札幌市清田区 平岡6条2丁目2番10号 平岡メディカルセンター
平岡皮膚科スキンケアクリニック:アクセスマップ


HOME

PAGE TOP